何のために為替取引が行われるのか

為替取引の必要性は、昔と今では大分変わってきています。

なぜかといいますと、以前は単なる貿易や旅行のための費用など本当に使うためからの必要性が主体だったわけですが、最近では、金利差や、為替変動そのものを取引の目的にするような傾向が強くなっているからです。

為替市場が自由化されれば、これは当然のことで、ある国の金利と別の国の金利差が叩倍もあれば、自由なお金は当然ながら金利の高い方に流れます。それがさらに為替の変動になり、金利差にプラスされて投資家に収益の機会をもたらすのです。

このように為替が投機化しますと、貿易などの決済手段であるはずの通貨レlトが激変しますので、「リスクヘッジ」のための取引も行われます。

それは輸出した人が代金が目減りしないように、先物で代金を売るという行為になります。一方、輸入の人は、代金の額が増えないようにあらかじめ先物で決済のための代金を買っておきます。

しかし、それとは別に今問題になっている「投機資金」の激しい移動の問題もあります。例えば、景気が悪く金融不安を抱えた日本が、円安からいきなり円高になったのは、日本経済のファンダメンタルズの変化ではなく、投機資金の移動のためなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です