取引を始める時のリスク

・最初からたくさん注文する。少しずつ増やすのが基本です。

・最初の注文を途中で変える。負けたときは、損を覚悟して早めに手を引くこと。

・都合のいい話だけを聞く。負け始めた時には、都合のいい話ばかりが耳に入り、都合の悪いサインを受け入れなくなることがあります。負けた時には注意しましょう。

これらはやってはいけないことです。気をつけましょう。

  1. 売買のタイミング

外貨投資では売買のタイミングが重要です。大切なのは、なぜそうするか、理由を把握して自分なりに実践的なノウハウを見つけてください。

イメージしやすくするために金融などのWebサイトにあるシミュレータを利用する。為替相場や金利、期間など条件を入れてシミュレーションするといいでしょう。

銀行に行けない人のためには、オンライン取引を利用しましょう。

預金口座を開く場合、申し込みができていればすぐに取引がスタートできます。キャッシュカードなど届いたら、金融機関からの振込により、円預金口座に入金し、ログインして残高を確認したら、始められます。

値段の指定ができる「指値(さしね)がありますが、それを外貨預金にも適用できます。一定以上に不利に相場が動いたら、損失を避ける値段まででストップさせる逆指値があります。

さて、書いてきたように、今の世の中では老後も安心できません。なので自分で資産運用などして、厳しくも自分らしいマネープランをしてゆくのが得策かと思います。

中でも、外貨預金は初心者にはぴったりです。現在では、条件は異なるもののネット銀行やオンライン取引も充実しています。外貨預金とは前にも書いたように、外国の通貨建ての預金のことで、海外旅行をしたことがあれば、「円に換算するといくらだろう」と考えながら使った経験はありませんか?外貨預金の場合、直接下ろして使えるので、目に見えないお金を動かすより、安心感があるのではないでしょうか。

では外貨預金の始め方について説明しましょう。

外貨預金は簡単に始められますが、目的によって個性のある銀行は異なるので、自分にあったところを探してみましょう。

まず、どのくらいの金額から始めましょうか?金融機関では、預ける際に最低金額を設定しています。普通預金であれば100円程度から始められるのです。一度に多くの額を投資するのはやめましょう。

銀行の選び方ですが、金融機関により、金利、売買の為替相場、手数料、取引方法などの条件が異なります。今まで使ってきた銀行などでも良いのですが、条件についてはしっかり調べましょう。

ネット銀行やネット取引を利用しよう

外貨預金のオンライン取引は、24時間いつでもどこでも取引ができ、為替相場が動いた時にはメールが届いたり、為替手数料が安くなるなど取引しやすいと思います。

オンライン取引の外貨預金の口座開設

まず、HPで必要事項を記入し申し込みます。すると銀行から書類が送られてきて、押印や本人確認できる書類とともに、返信。するとキャッシュカード・パスワードが送られてきますので、円預金口座に入金します。そしてログイン。

外貨預金のログイン後

インターネット取引の場合、わかりやすい画面であるとか、わかりやすい説明で書かれているとか、今どの段階まで進んでいるのかがわかる、またコールセンターなどに質問できたりと、自分と相性の良い銀行を選びましょう。また銀行のキャンペーンや特別プランなどを利用する時ですが、金利が高そうな表示だったり為替手数料が無料だったりする場合は注意する必要があります。

外貨預金の税金について

外貨預金は、利息や元本に対して、為替差益が出たら、通常確定申告をします。利息に対しては確定申告は必要ありません。為替差益については雑所得とし、他の所得のように確定申告をします。が、年収2000万円以下の給与所得で、退職所得以外の所得が為替差益を含め、年間20万円以下の時は申告しなくてもよく、実質的に非課税となります。

運用の仕方

外貨預金の場合、一度に預けるのと自動積立では自動積立がオススメです。積立投資の効果は長く持てば持つほど大きくなります。運用利回りだと積立は何倍ものメリットがあります。

外国為替相場

外貨預金(外為)とは、異なる国の通貨を交換することです。

基本ですが、日本とアメリカの場合では円と米ドルを交換します。1ドルを基準にしたら何円払うことになるかで、利益などが出ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です